カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • バレットジャーナルのノート選び5つのポイントとおすすめノート8選

失敗しないバレットジャーナルのノートの選び方。5つのポイントとおすすめノートを徹底解説。

ノート

バレットジャーナルを始めようと思ったときにぶつかる、はじめの壁。
「ノートの選び方が分からない。」

実は、ノートの選び方にはコツがあります。
そこで、バレットジャーナルをこれから始めようと思っているあなたへ、
ノートを選ぶときに押さえておきたい、5つのポイントを分かりやすく解説します。

こんにちは。店長くるみです。
自身のズボラを脱却するため、ノート術を日々研究中。
バレットジャーナルを試行錯誤しながらも3年間続けています。

さらに、あなたにぴったりな1冊が見つかる、タイプ別おすすめノートもご紹介します。
さあ、自信を持ってはじめの一歩を踏み出しましょう!

バレットジャーナルのノート選びに大切な5つのポイント

まずは「何を基準にしてノートを選べば分からない」という方へ
必ず押さえておきたいポイント
1.サイズ 2.罫線 3.ページ数 4.表紙 5.ページ番号
の選び方をご紹介します。

ポイント1.サイズの選び方

まずはじめに大切なのは、ノートの大きさです。
「せっかくバレットジャーナルを作り始めたのに、書くスペースが足りない。」とか
「ノートが大きすぎて、余白ばかりになってもったいない。」といったことにならないように
しっかりとジャストサイズのノートを選びましょう。

ここで、あなたのバレットジャーナルの使い方をイメージしてみてください。
A.マンスリーページやウィークリーページを、枠線を引いてしっかりと作りたい。
 趣味のページやハビットトラッカーなど色々なページも作りたい!
B.タスクやメモを箇条書きにする、シンプルなタスク管理ツールとして使いたい。

A.色々なページを作りたいなら

A5ノート

A5サイズがおすすめ

月間ページや週間ページ、コレクションページなど色々なページを作る場合は、A5サイズがおすすめです。

  •  見開きで週間ページが作れるサイズ
  •  縦約40マスで1ヶ月分の日付が入る

B.タスクを箇条書きにするだけなら

A6ノート

A6サイズがおすすめ

シンプルに1日のタスクを箇条書きにして、タスク管理をしたい場合は、A6サイズがおすすめです。

  •  幅約10cmだから箇条書きに最適
  •  持ち歩きにも便利

ポイント2.罫線の選び方

次に、ノートの中身「罫線」の選び方を押さえておきましょう。
普段使っている罫線のノートをなんとなく選んでしまうと、「書きにくい!」と後悔してしまうかもしれません。
バレットジャーナルの特徴をふまえたうえで、自分好みの罫線を選んでくださいね。

先ほどのバレットジャーナルの使い方イメージで『A.色々なページを作りたい』を選ばれた方へは

ドット罫 方眼

5mmドット罫または方眼がおすすめ

  •  縦横に線が引きやすい
  •  ドット罫はスッキリ見える
  •  方眼は薄い色のものがおすすめ

枠線を引いたり図形を描いたりするのが簡単な、ドット罫か方眼が絶対おすすめです。
ドット罫は、方眼のような書きやすさもありつつ、線を気にせず自由にも書けて見た目も邪魔にならないのでイチオシです。

『B.タスクを箇条書きにするだけ』の方にもドット罫と方眼はおすすめですが、横罫でも大丈夫かと思います。
ただ、行数が少ないと1ページに書けるタスクの数も少なくなってしまうので、書きたいタスクの量によってお好みのものを選んでくださいね。


横罫
  •  縦線は引きにくい
  •  幅6mm〜8mmのものが多いので行数に注意
  •  箇条書きのタスク管理だけならOK

ポイント3.ページ数は何ページ必要?

ノートのページ数は、「1冊のノートをどれくらいの期間使いたいか」を考えて選びましょう。

1年分を1冊にまとめたいなら、150ページ以上のノートがおすすめ

    一般的なページ数の目安

  • ・KEYページ:1ページ
  • ・INDEXページ:3ページ
  • ・Future Logページ:4ページ
  • ・マンスリーページ:1ページ×12ヶ月=12ページ
  • ・ウィークリーページ:2ページ×52週=104ページ
  • ・その他のページ:20ページ
  • 合計144ページ

さらに、例えばデイリーページを作りたいとか、コレクションページをもっと作りたいといった場合は、それも加えたページ数が必要になります。

当然、ページ数が多くなればノートは分厚くなりますので、持ち歩きのしやすさを重視して半年分や3ヶ月分の薄いノートを選ぶという方法もありますよ。

ポイント4.表紙の選び方

バレットジャーナルは、愛情をもって手作りした大切なノート。
そんな愛着のあるノートがボロボロな姿になってしまったら悲しいですよね。
毎日使ってもずっと綺麗をキープできるノートを選びましょう。

ハードカバーノート

合皮などの丈夫な表紙のノートがおすすめ

  •  傷、汚れに強い合成皮革
  •  紙のハードカバー
  •  持ち歩くならゴムバンドが付いていると安心

ほとんどの手帳は合皮や布、分厚い紙製など丈夫な素材が使われていますよね。
バレットジャーナルも、やはり毎日使うものなので合皮などの丈夫な表紙のノートがおすすめです。
さらにバッグに入れて持ち歩くなら、ゴムバンドがついていたり、角が丸くなっているノートだと安心ですよ。

ポイント5.ページ番号が必要?

バレットジャーナルには、ページ番号をふってインデックスページ(ノートの目次)を作るという大きな特徴があります。
なんでも自由に書き込めるバレットジャーナルだからこそ、探したいページをすぐ見つけることができるインデックスページは必ず作っておきたいところ。
全部のページに番号をふるなんて面倒だという方へは、こんなノートがおすすめです。

ページ番号付きノート

ページ番号付きのノートがおすすめ

  •  書き忘れがないから便利
  •  自分で書いてもOK

ページ番号はもちろん自分で書き込んでも良いのですが、もともとページ番号がふられていて、インデックスページまで付いているノートもあります。
ページ番号付きのノートを選べば、書き忘れもなく簡単にインデックスを作ることができるのでとても便利ですよ。

私のおすすめ条件は
・目的に合わせてA5かA6サイズ
・ドット罫か方眼
・150ページ以上
・合皮ハードカバーなど丈夫な表紙
・ページ番号付きが便利

5つのポイントをふまえて、バレットジャーナルに最適な、おすすめノートをご紹介します!

目的別バレットジャーナルにおすすめのノート9選

【シンプルなバレットジャーナルに!】
箇条書きにちょうどいいA6サイズノート

タスクを箇条書きにするシンプルなバレットジャーナルを目指すなら、『ロイヒトトゥルム1917』のポケットノート(A6サイズ)がおすすめ。
小さくて軽いから、気軽にいつでも持ち歩けて、思いついた時にサッと取り出せる手軽さが魅力。
A6サイズより少し小さくて、箇条書きするのにちょうどいい大きさです。
本『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』の著者Marieさんも愛用のノート。

当店人気No.2

ロイヒトトゥルム1917 A6 ポケットノート

ロイヒトトゥルム1917  A6 ポケットノート

2,000円(税抜)

  •  A6変形サイズ
  •  188ページ
  •  ドット罫、方眼
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

【人気のノートを使いたい!】
世界中でファンが愛用する定番ノート

バレットジャーナルに最適なノートとして、もはや定番になっているロイヒトトゥルム1917のA5ノート。
日本ではもちろん、海外でもバレットジャーナリストたちの多くがこのノートを愛用しています。
A5サイズ、ドット罫、ページ番号入り、インデックスページ付きとバレットジャーナルに最適な仕様。
迷ったらこのノートを選んでおけば間違いない、というぐらい定番のノートです。

当店人気No.1

ロイヒトトゥルム1917 A5 ミディアムノート

ロイヒトトゥルム1917 A5 ミディアムノート

2,900円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  249ページ
  •  ドット罫、方眼
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

【コスパ重視!手頃なノートで始めたい!】
老舗ブランドの高品質なのにコスパ抜群のノート

「高価なノートはちょっと・・・。できるだけ安いノートで始めたい。」という方に人気急上昇中なのがこちらのノート。
日本の老舗ブランド『ライフ』のノートだけあって、サラサラ書ける紙質の良さと、800円というお手頃価格が人気の秘密です。
表紙は紙カバーですが、厚みのあるしっかりとしたカバーなので、毎日使うバレットジャーナルに最適です。

ライフ ポケット付きノート A5 方眼

ライフ ポケット付きノート A5 方眼

800円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  180ページ
  •  方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

【イラストやデコレーションを楽しみたい!】
MDノートのドット方眼タイプが登場

書き心地の良さとシンプルなデザインで人気のMDノートから、バレットジャーナルに最適なドット方眼タイプが登場!
180度パタンと開くMDノートは、見開きページを大胆に使ってイラストやデコレーションを楽しみたい人にぴったりです。

MDノート ジャーナル A5 ドット方眼

MDノート ジャーナル A5 ドット方眼

900円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  192ページ
  •  ドット方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

【スケジュールだけ持ち歩きたい!】
あえて一冊にまとめずに薄いノートを複数冊持ちするならこのノート

バレットジャーナルは、基本は1冊のノートに全て書き込むノート術ですが、あえて複数冊に分けたいという方におすすめなのが、『MDノート ライト』。
48ページの薄いノート3冊組なので、「スケジュールと他のページを別のノートとに分ける」「数ヶ月分のスケジュールだけ持ち歩く」といった新しいスタイルが可能に。

MDノートライト A5 方眼 3冊組

MDノートライト A5 方眼 3冊組

700円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  48ページ × 3冊組
  •  方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

【オシャレで差をつけたい!】
ロディアのおしゃれなバレットジャーナル向けノート

メモパッドでおなじみの『ロディア』から、バレットジャーナルにぴったりなノートが登場。
フランスっぽいニュアンスが漂う12色のカラーバリエーションで、人と同じものはイヤ!というおしゃれな方に人気です。
ドット罫、ページ番号入り、インデックスページ付き、とバレットジャーナルにぴったりなノート。
2種類のカレンダーページも付いて、工夫次第でアレンジが楽しめます。

ロディア ゴールブック

ロディア ゴールブック

2,800円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  238ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ソフトカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

【バレットジャーナルを続ける自信がない】
手間なく簡単にかわいいバレットジャーナルを作れるノート

バレットジャーナルに挑戦したけど、作るのに時間がかかり過ぎて挫折してしまった、という方にオススメのノートがこちら。
マンスリーページ、ウィークリーページなどのページに、すでにテンプレートとなる枠線が印刷されているので、
月名や日付を書き込めば、簡単にかわいいバレットジャーナルが完成します。
できるだけ時間をかけずに簡単にバレットジャーナルを作りたいという方へ、断然おすすめのノートです。

クオバディス ライフジャーナルインフィニット

クオバディス ライフジャーナルインフィニット

2,700円(税抜)

  •  A5変形サイズ
  •  218ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り、フォーマット入り

商品詳細へ

【もっとノートにこだわりたい!】
世界唯一のバレットジャーナル公式ノート

ロイヒトトゥルム1917の、バレットジャーナルのためだけに作られた特別仕様ノート。
世界で唯一の『バレットジャーナル公式ノート』です。
「BULLET JOURNAL」の刻印が入った高級感あふれる表紙。
KEYページ、INDEXページ、FUTURE LOGページにバレットジャーナルガイドも付いた、バレットジャーナルのためだけに特別に作られたノートです。

当店人気No.3

ロイヒトトゥルム1917 バレットジャーナル公式ノート

ロイヒトトゥルム1917 バレットジャーナル公式ノート

3,500円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  244ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

【今すぐバレットジャーナルを始めたい!】
定番ノートとペンのお得なセット

これさえあれば今すぐにバレットジャーナルを始められる、定番ノートとペンがセットになった当店オリジナル「バレットジャーナル基本セット」。
定番ノート「ロイヒトトゥルム1917 A5ノート」と、バレットジャーナルに必須のペン「ミリペン ピグマ3本組」をお得なセットでゲットして
今すぐバレットジャーナルを始めてみませんか?

バレットジャーナル基本セット

バレットジャーナル基本セット

3,318円(税抜)

商品詳細へ

まとめ

バレットジャーナル用ノートを選ぶ時におすすめの条件

  •  サイズ :使い方に合わせてA5かA6
  •  罫線:5mmドット罫または方眼
  •  ページ数 :150ページ以上
  •  表紙 :合皮か丈夫な紙
  •  ページ番号 :あれば便利

いかがでしたか?
5つのポイントを意識して、あなたにぴったりなノートを選んでくださいね。

おすすめのノートを比較