カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 失敗しないバレットジャーナルのノートの選び方。5つのポイントとおすすめノートを徹底解説。

失敗しないバレットジャーナルのノートの選び方。5つのポイントとおすすめノートを徹底解説。

ノート

バレットジャーナルを始めようと思ったときにぶつかる、はじめの壁。
「ノートの選び方が分からない。」

実は、ノートの選び方にはコツがあります。
そこで、バレットジャーナルをこれから始めようと思っているあなたへ、
ノートを選ぶときに押さえておきたい、5つのポイントを分かりやすく解説します。

こんにちは。店長くるみです。
自身のズボラを脱却するため、ノート術を日々研究中。
バレットジャーナルを試行錯誤しながらも3年間続けています。

さらに、あなたにぴったりな1冊が見つかる、タイプ別おすすめノートもご紹介します。
さあ、自信を持ってはじめの一歩を踏み出しましょう!

失敗しないノート選びで、必ず押さえておきたい5つのポイント

「バレットジャーナルのノート選びで失敗したくない。」という方へ
必ず押さえておきたいポイントを、5つご紹介します。

  1. ノートのサイズ
  2. 罫線
  3. ページ数
  4. 表紙の丈夫さ
  5. ページ番号

それでは早速、5つそれぞれの選び方を、具体的に解説します。

1.サイズの選び方

まずはじめに大切なのは、ノートの大きさです。
「ノートが小さすぎて、書くスペースが足りない。」とか、
逆に 「ノートが大きすぎて、余白ばかりになってしまった。」
ということがないよう、しっかりとジャストサイズのノートを選びましょう。

あなたはどちらのタイプ?

【シンプルがイチバン!箇条書き派】なあなたへは、A6サイズがオススメ。

A6バレットジャーナル

「箇条書きで、やるべきことを整理したい。」
「シンプルなバレットジャーナルを、気軽に持ち歩きたい。」
という方へは、
コンパクトなA6サイズがオススメ。
箇条書きが1行におさまる、ちょうどいい大きさです。


【いろんなページを作りたい!盛りだくさん派】なあなたへは、A5サイズがオススメ。

A5バレットジャーナル

「週間ページを作って、1週間の予定を把握したい。」
「ハビットトラッカーやコレクションページなど、色々なページを作りたい。」
という方へは、
たっぷり書けるA5サイズがオススメです。
見開きで1週間を見渡すには、これぐらいのスペースが必要になります。


2.罫線の選び方

次に、ノートの中身「罫線」の選び方を押さえておきましょう
「書きにくい!」と後悔することがないように、しっかりと罫線もチェックしてくださいね。

まず、バレットジャーナルに絶対オススメなのが、5mmドット罫方眼タイプです。

ドット罫 方眼

おすすめの理由は、縦横に線を引きやすいから。
自分で枠線を引いたり、図形を書こうと思っている方には、絶対オススメです。
特に、ドット罫は「書きやすさ」と「見た目のスッキリ感」があってイチオシですよ。
方眼なら、線がジャマにならない、薄い色の方眼が良いでしょう。

一方、「箇条書きのシンプルなバレットジャーナルを作る予定。」「枠線は引かない。」という方は
使い慣れた横罫でもOKです。
ただし、横罫は6~8mm幅のものが多く、5mm幅の方眼と比べると、1ページあたりの行数が少ないことには注意が必要です。


3.ページ数は何ページ必要?

あなたは1冊のノートを、どれくらいの期間使いたいでしょうか?

1年分のバレットジャーナルを1冊のノートにまとめたい。」という場合は、
150ページ以上のノートがオススメです。

一般的なページ数の目安が

・KEYページ:1ページ
・INDEXページ:3ページ
・Future Logページ:4ページ
・マンスリーページ:1ページ×12ヶ月=12ページ
・ウィークリーページ:2ページ×52週=104ページ
・その他:20ページ

だとすると、合計144ページになります。

さらに、例えば「デイリーページを作りたい。」「コレクションページをもっと作りたい。」といった場合は、
その分も加えたページ数が必要になります。

一方、「数ヶ月分だけ持ち歩きたい。」という持ち運びの便利さを重視される方の場合、
上の目安で考えると
6ヶ月分なら75ページ
3ヶ月分なら40ページぐらいのノートをオススメします。


4.表紙の選び方

毎日使うバレットジャーナルは、表紙の選び方もポイントです。
「大切なバレットジャーナルが、1年後にはボロボロになってしまった。」という悲しい目に合わないために、
表紙の丈夫さもぜひチェックしてくださいね。

  • ・表紙は傷や汚れに強い、合成皮革のハードカバーが一番オススメ
  • ・持ち歩くなら、ゴムバンド付きが安心
  • 角が丸いとさらに◎

5.ページ番号

バレットジャーナルは、すべてのページにページ番号をふって、ノートのインデックス(目次)を作ります。
「全ページに番号を書き込むなんて、めんどくさい!」という方へは、
ページ番号付きのノートがオススメです。

ページ番号は、もちろん自分で書き込んでもOKなのですが、
ページ番号付きのノートなら、書き忘れることもなく、とても便利ですよ。

私のおすすめ条件は
 1.目的に合わせてA5かA6サイズ
 2.ドット罫か方眼
 3.150ページ以上
 4.合皮ハードカバーなど丈夫な表紙
 5.ページ番号付きが便利
でした。
この5つのポイントをふまえて、バレットジャーナルに最適な、おすすめノートをご紹介します!

タイプ別バレットジャーナルにおすすめのノート9選

それでは、あなたにぴったりなオススメのノートを、ズバっとご紹介します。

あなたはどのタイプですか?

みんなに人気のモノがいい!王道派のあなたへ
世界中のファンが溺愛する、もはや定番ノート

「これを選べば、まず間違いない。」と、自信を持っておすすめできるノートがこちら。
ロイヒトトゥルム1917のA5ミディアムノートです。
日本ではもちろん、海外でも多くのバレットジャーナリストが溺愛しています。
使い心地の良さ・デザイン性・品質、どれをとっても最高レベルのこのノート、一度使うとやめられないとの声が続出中です。

当店人気No.1

ロイヒトトゥルム1917 A5 ミディアムノート

ロイヒトトゥルム1917 A5 ミディアムノート

2,900円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  249ページ
  •  ドット罫、方眼
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

手軽に持ち歩きたい!アクティブな行動派のあなたへ
箇条書きにちょうどいい、スマホみたいに小さなノート

「シンプルな箇条書きのバレットジャーナルを作りたい。」という方へはこちらがオススメ。
ロイヒトトゥルム1917のA6ポケットノート。
小さくて軽いから、気軽にいつでも持ち歩けて、思いついた時にサッと取り出せる手軽さが魅力です。
『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』の著者Marieさんもご愛用。

当店人気No.2

ロイヒトトゥルム1917 A6 ポケットノート

ロイヒトトゥルム1917  A6 ポケットノート

2,000円(税抜)

  •  A6変形サイズ
  •  188ページ
  •  ドット罫、方眼
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

カンタンでカワイイって最強!ラクちん派のあなたへ
パパッとかわいいバレットジャーナルが作れるノート

「バレットジャーナルって、作るの大変なんじゃないの?」と思っている方へオススメのノートがこちら。
クオバディスのライフジャーナルインフィニット。
なんと、あらかじめバレットジャーナル用の枠線が印刷されているんです。
だから、あとは日付などを書き込むだけで、かわいいバレットジャーナルがパパッと完成しちゃいます。
バレットジャーナルを始めたいけど、続けられるか不安な初心者さんは、このノートから始めてみるのがおすすめです。

クオバディス ライフジャーナルインフィニット

クオバディス ライフジャーナルインフィニット

2,700円(税抜)

  •  A5変形サイズ
  •  218ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り、フォーマット入り

商品詳細へ

品質も安さもゆずれない!コスパ重視な堅実派のあなたへ
日本の職人魂を感じるノート

「高価なノートは緊張しちゃう。安いノートを気兼ねなく使いたい。」という方へオススメの、日本製ノートを2つご紹介します。

1つ目は、日本の老舗ブランド『ライフ』のポケット付きリングノート。
お手頃価格のノートを探されている方に、人気急上昇中なんです。
すべすべな書き心地で、裏写りもしにくい紙質の良さは「さすが。」の一言。
表紙は紙カバーですが、しっかりと厚みがあるので、毎日使うバレットジャーナルにも安心です。

ライフ ポケット付きノート A5 方眼

ライフ ポケット付きノート A5 方眼

800円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  180ページ
  •  方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

2つ目は、皆さんおなじみ、ミドリのMDノート。
180度ぱたんと開くから、定規で線を引くときもストレスフリー。
見開きページを大胆に使って、デコレーションもめいっぱい楽しめます。
ページ数のバリエーションが豊富なので、あなたにぴったりな分厚さのノートが見つかるはずです。

ノーマルなタイプはこちら。
週間ページを作るのにちょうどいい、192ページ入り。  

MDノート ジャーナル A5 ドット方眼

MDノート ジャーナル A5 ドット方眼

900円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  192ページ
  •  ドット方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

薄くて軽い、ライトタイプはこちら。
48ページの薄いノート3冊組なので、「スケジュールとコレクションページのノートを別にする。」「数ヶ月分のスケジュールだけ持ち歩く。」といった新しいスタイルが可能に。

MDノートライト A5 方眼 3冊組

MDノートライト A5 方眼 3冊組

700円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  48ページ × 3冊組
  •  方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

たっぷり書ける、1日1ページタイプはこちら。
なんと、368ページの大容量。
1日1ページ手帳みたいな使い方もできちゃいます。

MDノートジャーナル 1日1ページ

MDノートジャーナル 1日1ページ

2200円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  368ページ
  •  ドット方眼
  •  紙カバー
  •  ページ番号なし

商品詳細へ

ヒトと同じじゃつまらない!オシャレなこだわり派のあなたへ
とっておきのスペシャルなノート

最後に、「オシャレなノートで、ヒトと差をつけたい。」という方へオススメのノートを、2つご紹介します。

1つ目は、ロディアのゴールブック。
まるでブランドの革小物みたいな大人っぽい色に、”ロディアカラー”のオレンジがピリリと効いたイキなデザイン。
気分があがる極上ノートで、バレットジャーナルへのモチベーションもアップしそうですね。

ロディア ゴールブック

ロディア ゴールブック

2,800円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  238ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ソフトカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

2つ目は、ロイヒトトゥルム1917のバレットジャーナル公式ノート。
世界で唯一のバレットジャーナル「公式ノート」なんです。
このノートだけに認められた「BULLET JOURNAL」のロゴが表紙に刻印された、スペシャルな一冊。
定番のロイヒトトゥルム1917 ミディアムノートを、さらにバレットジャーナル仕様にアップデートした、この上なく贅沢なノートです。

当店人気No.3

ロイヒトトゥルム1917 バレットジャーナル公式ノート

ロイヒトトゥルム1917 バレットジャーナル公式ノート

3,500円(税抜)

  •  A5サイズ
  •  244ページ
  •  ドット罫
  •  合皮ハードカバー、ゴムバンド付き
  •  ページ番号入り

商品詳細へ

あなたにぴったりなノートは見つかりましたか?
お気に入りのノートを手に入れたら、自信を持ってバレットジャーナルの世界へ飛び込みましょう!

おすすめのノートを比較